新着情報・公演トピックス

お知らせ

公演一覧

梅田呉服座
池田呉服座

令和6年3月の梅田

恋川純
たつみ演劇BOX
小泉たつみ、小泉ダイヤ

座長の小泉たつみは、「綺麗に品良く」をモットーに劇団をまとめ、衣装はもちろん、時代にあった演出を模索しながら新たな舞台作りに励んでいます。また、弟の座長・小泉ダイヤは立役と女形では違う表情をのぞかせるなど、新鮮な印象で観客を魅了します。

公演日:3月1日(金)~3月30日(土)
※11、17、30日は昼の部のみ
休演日:8、14、18、19日 

令和6年3月の池田

恋川純
劇団輝
葵たけし

葵たけし座長が旗上げ。葵一門の芸を大切にしながらも、独自の感性でキャッチしたアイデアをもとに次々と幻想的な世界を創り出します。舞踊ショーではお客様の色々なリクエストを大切にし、即興で舞台を構成するなど、他にはない舞台作りを心掛けています。

公演日:3月1日(金)~3月30日(土)
※18、29、30日は昼の部のみ、8日は夜の部のみ
休演日:15日 

令和6年4月の梅田

恋川純
大川良太郎

7歳で初舞台を踏み、大衆演劇の役者として育ち、恵まれた容姿で早い時期から注目を集めてきました。令和2・3年のNHK朝の連続テレビ小説「おちょやん」での漆原要二郎役など、テレビドラマや商業演劇などにも出演。令和5年11月の劇団九州男最終公演以来の1ヵ月公演。

公演日:4月2日(火)~4月28日(日)
※17、28日は昼の部のみ、毎週金曜日は夜の部のみ
休演日:毎週木曜日、19日 

令和6年4月の池田

恋川純
橘劇団
橘菊太郎、橘大五郎

総座長が父・初代橘菊太郎より受け継ぐ老舗劇団。明るい人情劇、豪華なオリジナルショーで人気を集め、平成23年3月に三代目橘大五郎座長が襲名。芝居、舞踊共に定評があり、第一線で活躍し続けると共に、お客様とともに盛り上げる舞台づくりを目指しています。

公演日:4月1日(月)~4月28日(日)
※毎週金曜日、22日は昼の部のみ、28日は夜の部まで
休演日:23日 

令和6年5月の梅田

恋川純
劇団美山
里美たかし、里美こうた

二代目江味三郎が、松竹新喜劇の藤山寛美より「美山昇二郎」という芸名をもらい「劇団美山」と改名。 平成9年、長男の里美たかしが当時最年少であった12歳で座長に就任。平成30年には、劇団と里美たかし座長襲名からの20周年を記念した公演を新歌舞伎座で挙行。旅芝居の歴史に大きな足跡を残しています。

公演日:5月1日(水)~5月30日(木)
※30日は昼の部のみ
休演日:未定 

令和6年5月の池田

恋川純
劇団錦
錦はやと、カムイ

平成12年に旗揚げ。錦はやと座長とカムイ若座長を中心とした若さあふれる新進劇団。人情芝居を得意とし、笑いあり、涙ありの見応えのあるお芝居を観客にお届けする。「劇団員は家族と同じ」をポリシーに、固い結束力で常に熱い舞台を作り上げています。

公演日:5月1日(水)~5月30日(木)
※30日は昼の部のみ
休演日:未定

^