新着情報・公演トピックス

お知らせ

公演一覧

梅田呉服座
池田呉服座

令和4年10月の梅田

恋川純
飛翔座
恋瀬川翔炎、恋瀬川キャビア

平成4年、18歳で実父の長谷川信夫太夫元より座長を 引き継ぎ以来、劇団名の由来「大きく羽ばたいていきたい」 という思い通り力強く羽ばたいてきました。実子や若手の成長も著しく、その羽ばたきは更に強く。平成30年12月、劇団飛翔から飛翔座に改名しています。

公演日:10月1日(土)~10月30日(日)
※11、19、20、21、30日は昼の部のみ
休演日:14日 

令和4年10月の池田

恋川純
劇団美山
里美たかし、里美こうた

昭和32年、美山昇二郎が「劇団美山」を旗揚げ。平成9年、長男の里美たかしが当時最年少であった12歳で座長に就任しました。平成30年には、劇団と里美たかし座長襲名からの20周年を記念した公演を新歌舞伎座で挙行。旅芝居の歴史に大きな足跡を残しています。

公演日:10月1日(土)~10月29日(土)
※12、21日は昼の部のみ、29日は昼夜公演
休演日:13日  

令和4年11月の梅田

恋川純
たつみ演劇BOX
小泉たつみ、小泉ダイヤ

嵐九一郎が座長を務めた「嵐劇団」が前身。その後、故・ 二代目小泉のぼるが「のぼる會」と改称、故 ・二代目小泉のぼるの長男・小泉たつみが座長を就任した後、現在の劇団名になりました。基本を大切にしながら「綺麗に品良く」をモットーとする実力派の舞台で観客を魅力しています。

公演日:11月1日(火)~11月29日(火)
※8、16、29日は昼の部のみ
休演日:9日、17日 

令和4年11月の池田

恋川純
橘菊太郎劇団
橘大五郎

劇団設立は昭和38年ごろ。総座長が父・初代橘菊太郎より受け継ぐ。明るい人情劇、豪華なオリジナルショーで人気を集めています。平成23年3月に三代目橘大五郎座長が襲名。座員一同が結束し、お客様とともに盛り上げる舞台づくりを目指しています。

公演日:11月1日(火)~11月29日(火)
※16、28、29日は昼の部のみ
休演日:17日  

令和4年12月の梅田

恋川純
都若丸劇団
都若丸

多彩な才能で活動する都若丸座長中心に第一線を走り続ける劇団。爽やかさ、明るさで抜群の人気を誇る。その原動力はファンの存在はもちろん、現状に甘んずることなく見果てぬ達成を追い求める徹底したプロ意識がある故。舞台は今日も観客たちを笑顔にする若丸ワールドが広がっています。

公演日:12月1日(木)~12月25日(日)
※25日は昼の部のみ
休演日:未定 

令和4年12月の池田

恋川純
劇団錦
錦はやと、カムイ☆龍虎

錦はやと座長とカムイ若座長を中心とした若さあふれる新進劇団。人情芝居を得意とし、笑いあり、涙ありの見応えのあるお芝居とともに、「劇団員は家族と同じ」をポリシーに、固い結束力で常に熱い舞台を作り上げています。

公演日:12月1日(木)~12月25日(日)
※25日は昼の部のみ
休演日:未定  

^